第四話「全員集合新宿。-10」「Bar ワイワイ」

前話まだ読んでない方はコチラ

話一覧はコチラ

人は何故酒を飲むのか。

アルコールという成分がどうやらぶっ飛ぶぞと噂になり始めたのは、1万4千年ほど前に生きた「狩人」達の間でらしい。

ある日の夕暮れのこと、いつもは猛々しく狩人を威嚇してくる熊が、木陰の下、ロレツの回らない鳴き声で仲間の熊達と談笑していたらしい。

「おや?」と異変に気づいた一人の狩人が遠くからその様子を眺めていると、熊は盃のように蜂の巣の一部分を手にしていたらしい。そしてその蜂の巣に溜まった雨を仲間達と乾杯さながらぶつけ合ってから一気飲みをしていたそうだ。

本来ならば熊を射止めなければならない狩人だが、熊よりも蜂の巣に入った雨の方が気になってしまったし、熊達が急に暴れ出すとも限らないので、熊達が夜中に帰巣するのをじっと待ったらしい。

中々の根性である。だがピンとくるものがその狩人にはあったのだろう。流石我々の先祖だ。

熊達が去った後には欠けた蜂の巣が転がっている。

その中の一つを手に取り、中に溜まった雨を狩人も飲んでみたのだが、ただ甘いだけである。中の蜜は勿論甘くて美味い。

だがあの熊達の恍惚としてそして狂気を帯びた表情とは結びつかない。

狩人は木をよじ上って、ほんの少しだけ木にへばりついて残った蜂の巣を手に入れた。蜂の巣中にはたぷたぷと雨が少し黄みがかって溜まっている。

木の上でそのまま熊達がそうしていたように一気に飲み干してみる。

甘みの中に僅かな酸味が鼻に抜けて、喉越しはいつもしゃぶっている桑の葉に似た苦みがある。

狩りもせず、家にも帰らずずっと見張っていた狩人は空腹だったのだろう。

やけに五臓六腑に染みるなと思いながら木を降りようとしたその瞬間、足をすべらして木から転がり落ちてしまった。

ズシンと尻餅をついた狩人は、これで一気に酔いが回ってしまった。

何とも言えぬ幸せな気分、そしてなんだか身体が熱く火照っている。

訳は分からないが、こいつはいいぞ!ってことになった狩人は、歌い出し、浮かれ踊だしたそうだ。

次の日から彼は生涯にわたって、蜂の巣を探し、また違う形で味わえないかと旅に出たのは言うまでもないだろう。

 

アテナイオスが言っている

大体からして酒というのは、結局人類の殆どが欠かした事のないアイテムだ。

嗜好品等と言って税金をかけているがとんでもない話しである。必需品である。

 

子供の頃に大人達は何が美味しくて飲んでいるのか理解出来るはずもないが、

大抵の人が始めは無理をして飲んで、それがいつの間にか日常には欠かせないアイテムとなっていく。

酔っぱらえば様々な、普通から特別な体験をするものだ。

だがそれらの体験は、酔っぱらっていてもそれは自分の人生の日常の一部という域を出る事はない。

非日常を味わうべく大体の日本人は先ずビールを身体に流し込むが、

常に目の前一瞬一瞬が日常である訳だから、非日常は日常ということになる。

 

生涯に渡って、酒を一滴でも飲んだ事の無い人はいないだろう。

そして身体が受け付けないとしても、一滴でも飲んだらそれは酒のある人生なのだ。

 

そういえば、200年頃に生きた、ギリシャの散文作家アテナイオスがこういっている。

第一の杯は健康、第二は喜び、第三は眠り、それから利口な男は家に帰る。

第四は無礼、第五は叫声、第六は街の中での乱暴、第七は殴り合い、第八は法廷への召喚

いつの時代もアルコールの度数に応じた効用は対して変わっていないということだ。

 

タクオは覚醒し、音楽に合わせて踊り、隣に誰がいるかもわからない。

ふと気づけば時間が経っている。誰も彼もが酔いに任せている時間帯だ。

 

ふとタクオは思った。あれ?ここはどこだ?俺は今日どういうあれで飲んでいたっけか?

まあ、いいか、何はともあれ飲まれてしまえよ、明日に頭を抱えているかもしれないが、明日はあるかも分からない。

このヨウコという女も、モンちゃんも、会えるのは今日限りかもしれない。

よし、飲もう。更に飲もう。飲んで飲んで飲みまくろう。

無礼も、叫びも、そしてそろそろ乱暴さはピークに達してきた。

 

「よし、ヨウコさん、モンちゃん、飲もう!」

 

飲み過ぎだよ。

第五話「宵が懐かしい -1」

 

『飲む、飲む、飲む!』は月、水、金曜日の11:30に更新予定です。

この小説は「アルファポリスWebコンテンツ」で公開されていています。
面白いと思ったら↘︎バナーをクリックしてください。
ランキングを競っています!
応援を宜しくお願いします!

 
ころまん阿部

ころまん阿部

職業:映画監督(作品なし)。小説家(当ブログ掲載)。脚本家(いっぱい)。。お酒の申し子。
経歴:中学校卒業後、電気工事士として働きだす。その後実兄二人の立ち上げた会社に参加、関連会社立ち上げで香港移住。父親他界の半年前に、父親の事業に叔父と共に参加。それら零細企業の経営を約10年。稼ぎは多いが飲み過ぎがたたり2016年末にアル中判定。全ての仕事から離れ今に至る。良く言えば楽隠居。迷いに迷う20代後半。
月、水、金(11:30更新)

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。