映画『ラ・マンチャの男』ドン・キホーテ/日本語訳と、幸四郎で勿論いいのさ。

 

『ラ・マンチャの男』とは?

 

中世のスペインを舞台にした、セルバンテスの小説「ドン・キホーテ」をもとにして作られたミュージカル作品である。
劇作家セルバンテスはカトリック教会からの弾圧ゆえに、逮捕され投獄される。
地下牢は盗賊や人殺しなどの囚人たちがウジ虫さながらにうごめく、処刑場への階段のあるこの世の果てだった。

冒頭の救いのない牢獄の様子を見て、すべての観客が個々に自分とは無縁の人生と、無意識のうちに感じながらも主人公セルバンテスの一挙手一投足に引き込まれてゆく。

中世のしかも日本から遠く離れたスペインでのことだ。しかし、ひとたび巨大な権力や支配者に対して批判的な言動をすれば、それはすぐにでもこのセルバンテスと同じ目にあう可能性は世界中のどこにでも潜んでいる。

 

いつだって、他人ごとではないのだ。

 

大人になるということは、現実に目をつぶるということなのか?

 

ドン・キホーテは狂人なのか?

 

事実は真実の敵だ。   (ドン・キホーテ)

 

本当の狂気とは?

 

本当の狂気とは、夢に溺れて現実を見ないのも狂気かもしれぬ。現実のみを追って夢を持たないのも狂気かもしれぬ。

 

だが、一番憎むべき狂気とは、

 

あるがままの人生に、ただ折り合いをつけてしまって、あるべき姿のために戦わないことだ。

 

(セルバンテス)

 

人間の本来あるべき姿とは?

 

セルバンテスの時代であっても、21世紀に生きる我らが時代であっても、観客すべての人々の個々の心に訴えかけてくるこの命題は、今後のあなたの人生に多大なる影響を与えるであろう。

ドン・キホーテ/銅像

『見果てぬ夢』日本語訳:グロリア斉藤

『見果てぬ夢』 ラ・マンチャの男:Impossible Dream – from Man of La Mancha

To dream the impossibe dream, To fight the unbeatable foe,

To bear with unbearable sorrow, To run where the brave dare not go,

To right the unrightable wrong, To love pure and chaste from afar

To try when your arms are too weary, To reach the unreachable star!

This is my quest to follow that star!

No matter how hopeless no matter how far

To fight for the right, without question or pause!

To be willing to march into hell for a heavenly cause!

And I know. If I’ll only be true to this glorious quest

That my heart will lie peaceful and calm

when I’m laid to my rest

 

And the world will be better for this

That one man scorned and covered with scars

Still strove with his last ounce of courage

To reach the unreachable stars!

 

成し得ぬ夢を追いかけ、打ち負かせぬ敵と戦い

耐えがたき悲しみに耐え、勇者さえ行けないところへ赴く

正し難き悪を正し、純潔と貞潔を愛し、

腕が弱り果ててもなお、届かぬ星に届かん

これぞ我が戦い 人生の真理を求め

例え望みなく、いかに遠かろうとも、

義のために戦い、疑いもためらいもなく、

正義のためには死をも厭わぬ

そして、この輝かしい戦いに対して真実をつくさんとするなら、

眠りにつくとき、我が心は平和と穏やかさに満ちるであろう

 

この世界は良くなっていくだろう

蔑まれ傷を負った男は、尚も最後の勇気を振り絞り挑む

届かぬ星に手を伸ばさんと!

 
グロリア斉藤

グロリア斉藤

職業:歌手。
経歴:福岡県生まれ。中学3年の秋から東京在住。マレーシア、タイ在住経験あり。
高校生の頃の希望職業:映画評論。
60代黄昏随筆家。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。