物作る人。物、作り続けたい。

友人の作ったMixをエンドレスで流しながら、土曜日の朝からひたすら「蒼天航路」を読み続けている。
漫画だろうと、小説だろうと何かを読む時には音楽を掛けていなければ、落ち着かない私だ。
このMixは蒼天航路の内容と意識が行ったり来たりして、至福の時間をもたらしてくれた。

このMixを記事に書いて共有したいが、許可を得ていないのもあるし、
そもそもこの唯一無二の事を独り占めしたい気持ちだから、ただ書くだけにとどめるのだ。

いずれ世に出るに決まっているし。知っている人は知っているし。

音楽にせよ、映画、小説、絵、etc…
物作り、芸術っていうのはすごい。

作った人の意識を伝播することが出来て、共感を得ることができ、人の時間を奪い支配することができる。

だから人は物を作ることを止められないのだろう。
だから何かを作った時には、人になんと評価されようとも発表するべきなのだろう。
完璧主義が過ぎるとよくない、自分のセンスを込めていれば既にウケるに決まっているのだ。人数はともかく。

物を作ることって人間に与えられた、最高の楽しみの一つだ。

時代は流れ、淘汰され良い物が残る。

自分の作る物が残らなかったとしても、人、一人が生きる一生のうち、作る喜びを享受しないままは辛い。

やらずにはいられない。
童心に戻り、作り続けてみよう。やりつづけてみよう。

人間、物作りの楽しみは無限だ。

 

 
ころまん阿部

ころまん阿部

職業:映画監督(作品なし)。小説家(当ブログ掲載)。脚本家(いっぱい)。。お酒の申し子。
経歴:中学校卒業後、電気工事士として働きだす。その後実兄二人の立ち上げた会社に参加、関連会社立ち上げで香港移住。父親他界の半年前に、父親の事業に叔父と共に参加。それら零細企業の経営を約10年。稼ぎは多いが飲み過ぎがたたり2016年末にアル中判定。全ての仕事から離れ今に至る。良く言えば楽隠居。迷いに迷う20代後半。
月、水、金(11:30更新)

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。