映画『21ジャンプストリート』シリーズ化していく最新潜入物ポリスストーリー

上映時間109分

初公開: 2012年3月15日 (オーストラリア)

★★★☆☆(星3つ)
アメリカっていいなあーー。

こういう映画こそ日本で劇場公開するべきでしょうが!

あらすじ

ジョニー・デップの初主演作で出世作となった同名テレビシリーズを映画化。監督はフィル・ロードとクリストファー・ミラー、脚本はマイケル・バコール。主演は「マネーボール」のジョナ・ヒルと「G.I.ジョー」のチャニング・テイタム。全米で1億ドルを超える興行収入をたたき出し大ヒットとなった。犯罪特別操作課に配属されたジェンコとシュミットは、青年犯罪を撲滅するため高校での潜入捜査を開始するが、あまりの楽しさに高校生活をエンジョイしてしまう。だが彼らはそこで、高校にはびこる凶悪犯罪を目の当たりにし…。 (TSUTAYA online より引用)

 ジョナ・ヒルとチャニング・テイタムの新時代!

この二人で2010年代のバディ(相棒)映画は決まりだろう!

なんで日本で公開しないんだ。。

まあでも家でDVDなり動画配信なりで、ソファにくつろいで、スナック菓子をやたら用意して、仲の良い同年代の友達と観るって言うのもいいもんだ。

こういう皆で楽しむ映画を作らせたら、やっぱりアメリカは一番だなあ。

ど下らないんだけど、アクション、恋愛、友情をしっかり全部詰め込んでも、なんとかなるのが、低予算といっても10億円以上はかかっているという規模感の大きさがアメリカの映画の良いところである。

ジョナ・ヒル、チャニング・テイタムのコンビは最高である。

中肉中背オタクのジョナ・ヒル、イケメンマッチョのチャニング・テイタム

この二人が高校にはびこる麻薬を潜入捜査で取り締まるとか面白すぎる。

あ、そうそう、突然ジョニー・デップが出てくるのもウケる。

ちなみにチャニング・テイタムの『フォックス・キャッチャー』はすごいので是非観てくれ!レビューはそのうち書く!

大人が高校生に混じって生活する

30歳くらいのオッサン二人が、ちょっと若く見えるからって高校に潜入させる警察なんてありえないが、それが面白い。

それに、その設定をやりたい人ばかりだろう。日本でもオッサンが高校生になる物語は多いですな。映画でも漫画でもね。

やっぱりそういう設定に憧れるというか、青春を取り戻したいという気持ちを皆心のどこかに残しているのだろうなー。

今が青春。なんて信じられねえ。若いぴちぴちの身体に戻りてえ。

がっつりシリージ化!続編も既にある!

続編の『22ジャンプストリート』も最高に面白い。

続編では大学に潜入だ!

更に続編の撮影も予定されている!面白くなってくぞーーー!

もはやドラマ並みに連発してほしい!

 

 
ころまん阿部

ころまん阿部

職業:映画監督(作品なし)。小説家(当ブログ掲載)。脚本家(いっぱい)。。お酒の申し子。
経歴:中学校卒業後、電気工事士として働きだす。その後実兄二人の立ち上げた会社に参加、関連会社立ち上げで香港移住。父親他界の半年前に、父親の事業に叔父と共に参加。それら零細企業の経営を約10年。稼ぎは多いが飲み過ぎがたたり2016年末にアル中判定。全ての仕事から離れ今に至る。良く言えば楽隠居。迷いに迷う20代後半。
月、水、金(11:30更新)

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。