約束を破るとか、初めての決断だった話[断酒15日、16日目

自分に甘い人間だということは重々承知だったが、

まさかこんなにイキナリ誓いを破るとは思わなかった。まるで日記なぞ書く気がしなかったのだ!

これに学んだので、

何事も途切れつつも続けて行くことが大事だと思い直した。

とは言え酒は完全に絶っている。

日々の誘惑を最小限にしている結果が出ているといえよう。

実際身体がアルコールを欲する気持ちが減って来ている。

減ってきているんだという自己洗脳が上手く無意識の意識に刷り込まれてきたのだろうか。

身体の調子が良いので、誰と話しても楽しいし、疲れない。

人の話も余裕を持って聞けるようになった気がする。

嫌な人が突然この世界から消えて無くなってしまったような、変な感覚に感動しまくりなのだ。

彼女には

ここ最近立て続けに、

「あんたと付き合って相当疲れた…」

と言われまくっているが、その理由を聞けば笑ってしまうほど、クズ人間の所業をしているので、

爆笑な人間の道は険しく、そして、行ってはいけない道だったのだとやっと気がついた。

親しい友人にも、「爆笑な人間食えなくなるからねぇー」

と言われ、その通りだと思った。

もしかすると自分の人生で初めての自分の意思に従った決断が「断酒」かもしれない。

今までの自分が砂みたいにサーっと崩れて、どんな人間だったかも思い出せないくらい、

自分の意思が無い人間だったらしい。

「これから先の自分は本当の自由意志に先導され生きていくのだと思うと、これまた胸熱の大感動モノなのだ!」

写真はこないだ食べた駅前の担々麺に対抗して作った、自宅でくそ美味い担々麺!

s__10084378

 
ころまん阿部

ころまん阿部

職業:映画監督(作品なし)。小説家(当ブログ掲載)。脚本家(いっぱい)。。お酒の申し子。
経歴:中学校卒業後、電気工事士として働きだす。その後実兄二人の立ち上げた会社に参加、関連会社立ち上げで香港移住。父親他界の半年前に、父親の事業に叔父と共に参加。それら零細企業の経営を約10年。稼ぎは多いが飲み過ぎがたたり2016年末にアル中判定。全ての仕事から離れ今に至る。良く言えば楽隠居。迷いに迷う20代後半。
月、水、金(11:30更新)

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。